サーバーのデザインを売りに

サーバーのデザインを売りにしている宅配水業者も多いですよね。
ウォーターサーバーがでてきた当初は、ただ「安心でおいしい水」を届けるということだけが売りでした。
だから、水道水よりも安全で、まろやかなお水に惹かれた消費者が購入していたんですよね。
だけど、ウォーターサーバーの大きさやデザイン、カラーなどがお部屋と合わなかったり、置き場所が困ったり、お部屋がせまくなったりと、デメリットもたくさんあったわけです。
ただ「安心でおいしい水」が飲めればいいだけではない。
もっとプラスの付加価値がないとウォーターサーバーは売り上げをのばすことができないどころか、契約を打ち切られてしまう、そんな可能性がでてきたんだと思います。
だって、うちだって、もしお部屋の景観を壊すようなデザインのウォーターサーバーだったら、やっぱりコンビニに売ってるペットボトルでいいかなっていう気持ちになってしまいますもんね。
それに、最近はIKEYAやニトリなどのように、安くてすごくおしゃれな家具屋さんが増えていますよね。
インターネットなどの通販でも、安くておしゃれな家具がたくさん売っています。
それだけお部屋にこだわる人が増えているっていうことだと思います。
なのに、せっかくきれいにコーディネートしたお部屋にダサくて大きなウォーターサーバーがおいてあったら、なんだかがっかりじゃないですか。
だけど、今は本当におしゃれでコンパクトなウォーターサーバーがたくさんでてきました。
コンパクトな作りだったら一人暮らしのワンルームでも無理なくおけますよね。
それからカラーバリエーション豊富なウォーターサーバーもあります。
好きな色がある人、ラッキーカラーや風水にこだわる人にもおすすめですよ。
うちでは、お部屋をはなやかにするために、ピンクでコンパクトなウォーターサーバーを使っています。
お部屋のデザインにこだわる人にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です